Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

OCC年鑑発刊パーティ!

2016年12月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、OCC賞授賞式&年鑑発刊パーティ

先週土曜日、大阪の人間が「丸ビル」と呼んでいる、

大阪第一ホテルで開催されました。

 

TCC仲畑会長と中村禎くんが来阪とあって、

ぼくがホストやんなきゃなあ、という感じだったので、

12時から翌午前1時くらいまでフル参戦。

いやはや、まだまだ体力ありますなー。

 

今年はなんだか、人がまばらな気がしたなあ。

受賞者・OCC幹事と若干の広告主だけだったような・・・。

一般の会員とか、ひろく業界関係とか、あるいは若い人とか、

もうすこし動員できないものかなあ、そのへんモンダイだなあ、

とは感じましたけどね。

 

そこで、今年のOCC年鑑

なんと、「文庫サイズ」なんですよ。

これは、過去にも例がないんじゃないかな。

一般書店でも販売されますので、

ぜひ実物を手にとってみてください。

 

ただ、もう言いたくってしょうがないから言っちゃうけど、

「オモシロイんだけどさあ、文字がちいさくて読めないよう」。

ぼくが編集長やってたときには、

作品はなるべく大きく出そう、というポリシーもあって、

こういう発想は、ハナから無かったんですよね。

 

そこで思い出したのが、2009年のOCC年鑑。

「大阪プロレス」をモチーフに、暑苦しさをウリに作ったんだけど、

当時、高齢の会長が、

「文字が小さすぎる」とか「色使いがおかしい」とか、おっしゃった。

ぼくは「なに言ってるんだろ」と聞き流しちゃいましたが、

おっと、それと同じことが繰り返されてる?

こんどは逆の立場で? そういうことかも知れませんわ。

 

まあでも、これまでの常識をぶっ壊したことは確か。

これも「日本一オモシロいCC」の答えのひとつ、なんだからね。

つぎに巻物が来ようが、逆に大きくなって新聞が来ようが、

なんでもアリ、だと思いますよ。

 

(でも、巻物はともかく新聞って、デザインとしては、

なんかオモシロくなりそうだけどね)

 

・・・ということでみなさん、OCC年鑑2016、よろしくです!

 

 

新幹線、それは仕事の足 3

2016年12月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加

さてそれでは、「新幹線」ネタのまとめとして、

ぼくなりの、乗り方のコツのようなものを、挙げておこうか。

 

まず、ひとつめ。

金曜夜など、混雑時の利用は極力避ける!

 

満席となると、とにかく息苦しいもの。

とくに週末の上り列車は、うるさいし、酒臭いし、むさくるしい。

また、隣に人がいる状態では、

仕事の資料など、なかなか広げにくかったりもします。

なので、ぼくは進んで、空いている時間帯に利用することにしています。。

まあこれも、時間にしばられない、

フリーランスならではの特権でしょうか。

 

ふたつめは、

始発列車をねらう!

 

ひとつめと、かなり関係が深いことになりますが、

新大阪始発と博多始発とでは、混み具合が、かなり違うのです。

ところが、自動券売機では、始発かどうかの表示をしていない。

そういう場合は、前後の席の混雑状況を比べてみれば、

どれが始発か、すぐに判断できます。

新大阪からは、始発に乗る! これも鉄則です。

 

そして、みっつめ。

A席には座らない!

 

いちど、ひどい目に遭ったことがあります。

トイレに立とうにも、BC席のカップルが、

テーブルを倒したまま寝入ってしまっている。

起こすのもなんかなあ、と思い、ギリギリまでガマンしたものの、

ついに限界に達し、2人をまたいで(実にアクロバチックでしたよ)、

なんとか脱出に成功。冷や汗もんでした。

 

まあ、BCに座るひとは、なるべくテーブルを使わない、ってのも、

逆にいえばマナー、なのかも知れませんね。

 

ということもあって、ぼくは積極的に、C席を取ります。

そうすれば、なにより自分が誰にも気がねなく動けるし、

隣のB席が空く可能性も、高いですから。

もちろん、A席のことを考えて、テーブルは使いませんよ。

 

・・・この3つを守ってさえいれば、けっこう快適な移動ができますよ。

 

でもやっぱり、新幹線代って、高いなあ。

格安航空券の何割増しなんだろう、って感じですよね。

いままで20年近い実績を、マイルに換算したら、と思うと・・・。

 

まあ、仕方ないか。新幹線移動を選んじゃったんだから・・・。

 

 

 

新幹線、それは仕事の足 2

2016年12月03日
このエントリーをはてなブックマークに追加

しかし、新幹線利用者の「マナー」、あいかわらず悪いなあ。


いちばんアタマにくるのは、ゴミの放置。

博多発のぞみに、新大阪から乗りこんだとして、

目につくのは、座席まえの網ポケットに、ペットボトルやらポリ袋やら・・・。

これ、いっこうに後を絶たないのです。


こういうことは、グリーン席でも、ときどきある。

というのも、新大阪で乗務員が交代するため、

ほかの停車駅では、客が席を立ってから新しい客が乗ってくる間に、

ゴミなどをサッと片づけてくれる、その作業ができないため、なんです。

せっかくのグリーンの雰囲気、台無しですよ。


声高な車内での会話や、携帯電話の操作音なんかは、日常茶飯事。

あとは、靴ぬいで足を組む。あれもサイテーです。

まあ、いちいちとがめていては、気が持ちませんね。

いやほんとは、注意したほうがいいのかも知れないけど。


もっとひどいのは、座席を反転させたまま降りてしまう輩もいること。

ほんとに、困ったもんです・・・。


ただ、「座席をリクライニングさせるとき、後ろの客にひと声かける」。

これだけは、ずいぶん広まってきました。

お互い、気分がいいものですよね。


ぼくは、新大阪からのぞみを使うときには、

「名古屋までは仕事しよう」とか、「とりあえず眠って、目がさめたら本読もう」とか、

あれこれ計画を立てるのですが、

そんな、周囲の悪しき状況によって、変更を余儀なくされることがあります。

そうすると、調子狂っちゃうんですね。

人のせいにするのは、実によくないこと、なんだけど。


あと、勝手なことを、ひとつだけ。

ぼくはC席に陣取ることが多いのだけれど、

自分の席の2列くらい前まで、窓にブラインドが下りていたりすると、がっかりです。

以前、「風景オタク」を告白しましたけれど、

外が見えないと、どうにも落ち着かない。

閉塞感があるし、いまどこを走っているかも、わからないから。

(ちなみに東京~新大阪であれば、ほんの2~3秒、外を流れる景色を見ただけで、

いまどのあたりか、百発百中の自信があります)


おいおい、そりゃマナーとは違うだろ、って?

はい、その通りです。

ちょっと調子に乗りすぎました・・・


                       (つづく)




岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。