Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

「甲南女子大学」、はじまりました! 1

2017/04/29
このエントリーをはてなブックマークに追加

さあて今年も、南女の講義がはじまりました。


何年やっていても、初日というのは構えてしまうもので、

はたして教室に、ちゃんと学生がいてくれるだろうか、とか、

第一声で、ちゃんとこっち向いてくれるだろうか、とか、

いらぬ心配まで、あれこれ頭をよぎるものなんです。

でもまあ、すべり出しは首尾よくいったんじゃないかな。

欠席者が目立つのが、すこし気になるところではあるけれど。


そこで、「好きな広告」「キライな広告」アンケート。

これ、毎年やってます。昨年も、このことについて書きました。

でも今年は、すこし新しい傾向が見えてきたので、

また「特集」してみようと思います。


まず「好きな広告」。ここは、大きな変動はありません。

あいかわらずau「三太郎シリーズ」がつよい。ダントツで高評価です。

それにつづくのが、「earth music&ecology」と、「ルミネ」。

これらもここ数年、安定した人気があります。


さて、「新しい傾向」と言ったのは、「キライな広告」のほう。

なんと「Softbank」が、キライのほうに回りました。


その理由として「迷走してるんじゃないか」的なことが挙がっていました。

うん、じつによく見てるなあ。ぼくも、そのとおりだと思う。

どうしてもauと比べてしまう。それはしかたないこと、なんだけれど。

「速い」「おトク」をはじめ、訴求ポイントはさほど変わらないのに、

どうもauのほうが上手に見えます。「ネギがもらえる」とかね。


それから、「キライ」で複数回答があったのが、「UQモバイル」。

しつこい、というのがその理由だったようです。

まあ、出稿量が多いこともあるかも知れないけれど、

ぼくが見てもたしかに、ナレーションのたたみかけなどが、

もうすこしどうにかならなかったかな、と思う。

あのシュールなトーンでクセ付けを狙ったことなどは、

頑張ったな、といえるけれど、マイナスポイントのほうが大きかったのかな。

学生たち、よく見てるなあ、ってことですよね。


                         (つづく)






こんかいは、告知の回。

2017/04/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたつ、お知らせしまーす。

まず、だいじなだいじな、このCM Funについてのご報告。。


いままでコラムに、オペレーションに全力で頑張ってくれていた、

インターンのSaburoとビスコチが、この3月をもって無事大学を卒業、

晴れて社会人となりました。

(今月にはいってコラムの更新頻度がおちたのは、そのためなんです)

2人には、いままでありがとう、と言いたいですね。

そして、新しい門出に、幸多からんことを祈ります。

(おー、なんと大時代的な言いかた・・・)


そこで、彼らの後を埋めるために、

新しく男子1名・女子2名の大学生をスカウトしました。

もうすでに、記事を書く作業をはじめています。

3人とも、近くサイトデビューの運びとなるはずなので、

upされた暁には、なにとぞ、よろしくです!



それからもうひとつは、ぼくの個人的な活動。

こんどの土曜、4月29日、

「♪東京女子大学同窓会 園遊会」に、我がバンドが出演します。

メンバーの女子2人が2人とも、東女の出身ということで、なんですが、

なにやら、とても由緒ある催しのようで、いまから緊張しとります。


西荻窪の東京女子大・図書館前広場にて、14時15分から15時まで。

関東の読者で興味のある方は、ちょっとのぞいてみてください。

基本的に、学内には誰でも入れるようですよ。

(あ、一口1,000円の会費が必、みたいですが・・・)


ぼくらも、来たる5月20日の前哨戦、という意味もあるので、

ちょっとがんばっちゃおうかな、と思っています。



ううん、日にちがもうないんで、ほんとは練習漬けになりたいんだけど、

なんか今週、めっちゃ忙しいわ・・・。

当日ちゃんと、指が動いてくれるかな。



・・・ということで今回は、お知らせコーナと化してしまった、708でした!



出雲大社に行ってきました! 2

2017/04/23
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、その出雲大社。


「縁結びの神」として広く知られているのは、言うまでもないこと。

しかししかし、現地での、その徹底ぶりには関心しました。

地域あげての盛り上げかたが、ハンパない。

とにかく、「縁結び」一色、なんですよ。


このことを、出雲大社の「ブランディング」だと思えば、とても合点がいきます。

ぼくはつねづね、ブランディングの必須条件とは、

「決める」「そろえる」「つづける」ことだ、と考えているのだけれど、

ここでは、この3つすべてが、システムとして機能しているように感じます。


ひとつずつ、見てみようか。まず「決める」。

これは、ブランディングの根幹です。

つまり、「出雲大社とはなにか」を、短いコトバで規定する。

それがすなわち、「縁結び」です。

こんなにキャラがはっきりしてる=ご利益がわかりやすいところ、

あまたの神社仏閣のなかでも、突出しているのではないかなあ。


つぎは、「そろえる」。

「縁」の文字、現地では、いやというほど目にはいってきます。

この字を掲げる店の、なんと多いこと。

とくに、表参道の「神門通り」にたちならぶ商店のほとんどが、

商品の値段を、〇〇円ではなく「〇〇縁」と表示しているほどの徹底ぶり。

空港名からして、「出雲縁結び空港」だからね。


そして。「つづける」。

この「縁結び」なるコンセプト、普遍的といえるものですよね。

時代がどんなに変わっても、おそらく、ゆるがない。

とくに、時どきの女子たちの心を惹きつけつづけて止まないでしょう。

ほとんど半永久的につづく価値だ、と思うんですよね。


ということで出雲大社については、もはや立派なブランディングが構築されている!

ぼくは、そう断言してしまいます。



なにより、出雲大社じしんが発信しなくとも、

県をはじめ、いろんな自治体が徹底的にPRしてくれる。

また、訪れた人たちによる口コミなども、そうとうに機能している。

そこが、明治神宮や靖国神社などの国家肝入り、「官幣」との大きな違い、ですね。


そうそう、パンフレットひとつとってみても、

ここで行われているコミュニケーションは、なかなか質が高いんです。

コンセプトとターゲットが明確だからね。そこ、大きいんだろうな。

それだけではなく、ちゃんとデザイナーが介在しているのが、よくわかるものばかり。

うーん、失礼ながら、先般の「水戸」も、見習ってほしいなあ。


それから、島根県の公式キャラクターは、「しまねっこ」、まあ、ゆるキャラなんですが、

自虐ネタで話題をとった、鷹の爪によるあの「吉田君」も、

super大使という肩書で、キャラとして公認されているんです。

これは、広告関係者として、うれしい限りでした。



・・・そうなんです。地元はかなり、がんばっていると思いますよ。

隣の鳥取県と、競い合うようにして、ね。

そう、鳥取にしてもそうなんだけど、

(数年前に鳥取砂丘・境港・皆生温泉・羽合温泉・三徳山などを訪れました)

自分の足で歩き回ったところは、なんか応援したくなっちゃう。

フシギだね・・・。



岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。