Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

編集長が、ホメた!

2015/12/19

そんなことをつらつら書いていたら、すばらしいCMが頭をよぎりました。

それは、9月末からオンエアされた、ソフトバンクの「教室で噂話」篇。

 

新しい女の子を紹介しようと、まわりの友達が盛り上げるなか、

主人公のとまどい、期待感をカメラが追いかけてゆく。

で、さいごに女子のショット、というものです。

 

上手だなあ、と思いました。

まさに期待感を、誰にでもわかる表現で伝えようとしている。

若いひとたちの共感を得るのみならず、

年配の視聴者にも、その記憶、思い出の引き出しをあけさせるチカラがある。

そして、何だろう、見たあとの感じが、とてもすがすがしい。

これだけ余韻がのこるCM、近ごろあったかなあ、みたいな気にさせられました。

 

いいもん出ます、という一方通行の告知じゃなくて、

新しい出会いにドキドキ、をきちっと計算して伝えようとしたのが勝利です。

結果、商品にも好影響が出るんじゃないかなあ。

ストレートトークを避ければ、これだけ商品世界は広がるんだ、という、

まさに代表例、だと思います。

 

こういう表現がもっと増えてくれれば、

CMのファンはもっともっと増えてくれるだろうし、

ぼくもどんどんホメることができ、このサイトも大繁盛、しますよね。

 

そうそう、もっともっとホメたいんです!

では、また新しいネタを探しに、テレビをつけてみようか・・・。

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。