Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

神田錦町「選曲会議」。

2016年10月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、われらがバンド、RTCの次回ライブに向けて、選曲会議が催されました。


それがねえ・・・縁がある、とはこういうことで、

たまたまウチのバンマスが手配したお店が、

なんと前回ふれた、旧博報堂本社の、目と鼻の先!

まったく、この1か月ほどの間に、

神田神保町・錦町かいわいに、なんど通ったことか・・・。

フシギななにかを、感じてしまいます。


そんなこんなで、錦町のカフェにPCを持ち込んで、候補曲をみんなで聴き、

神保町の立ち呑みでつづきをやって、ほぼ酔っ払い状態で帰宅。

いやあ、飲みましたね。肴も美味かったし。



そうそう、肝心のライブは、来年の5月27日に決定。

その前、GW中には、東京女子大の周年行事への参加、出演も決まりました。

みんな、それなりに多忙なんで、このくらいのスパンをとって、

練習スケジュールを組まないといけないんですよ。


さらに、なめらかにギターを弾くためには、指先の皮を固めなければならない。

そして、風呂なんかで、ふやけることのないように、

本番までそれを維持しなければならないんです。

ギタリストならわかると思うけど、そういうところにも時間は必要です。



さて、その「選曲」なんだけど、まだ正式決定ではないんですが、

あいかわらずスティーリー・ダン~ドナルド・フェイゲンの「難曲探検」を中心にしつつ、

けっこうソウルフルなものや、メドレーものも交え、

楽しめるステージングにしたいなあ、と思っています。


詳細が決まったら、またお知らせしますね。

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。