Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

「TCC」って、いい響き!

2016年11月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加

さてその、「TCC」というコトバの響き、

ぼくにとっては今でも、なにやらくすぐったいような、

マジカルな魅力を、持ちつづけているんですね。

 

というのも、その新人賞を獲る、というのが、

この仕事をはじめてからの、最大の目標だったから。

そして会員になったあとも、年鑑に自分の作品を載せるとか、

幹事や審査員をやる、というのが、

自分にとっても周りに対しても、大きなステイタス、だったから。

 

さらには、最高賞である「クラブ賞」というのも、

それ以上にマジカルなコトバ、だったなあ。

駆け出しのころは、憧れの彼方すぎて、

口にするのも恥ずかしいような、そんな感じがしていましたね。

 

幸せなことに、ぼくはそのクラブ賞、3回いただきました。

それでも、ぼくの中で、マジカル度、ミステリアス度は、

ちっとも色褪せてなんかいません。

 

そうなんです。というわけでTCCというのは、

ぼくの存在感を社会に示す、唯一の「居場所」だったんです。

しかも、そうとう魔力のつよいもの、でした。

 

今でこそ、いろんなことを主宰したり、

いろんなところに所属したりしていますが、

やはりぼくの中で、TCCの占める場所は、大きいですね。

広告に携わるかぎり、ずうっとそうなんじゃないかなあ。

 

 

・・・なんか、久しぶりの表彰式出席で、

ちょっと個人的な感慨に、ひたりすぎたかなあ・・・

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。