Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

もうすこし、TCCの話を!

2016年11月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、もうすこしTCCの話を。

 

新人賞を獲って会員になり、集まりに出かけていくようになるのですが、

そうすると、周りはほぼ年上の人たち、なんですね。

ちょうど土屋さんが会長をされていたころで、

梶さん、秋山さん、朝倉さん、犬山さん、清水さんといった、

錚々たる大先輩方が、会の中心で動いておられました。

 

そして、ぼくより10歳くらい上の、団塊世代には、

糸井さん、仲畑さん、眞木さん、岩崎さん、岡部さん・・・。

さらに、彼らとぼくら(佐々木さん、一倉さんがひとつ上)の間に、

安藤さん、竹内さん、梅本さん・・・。

もう、すごい人ばっかりでした。

 

そんな具合に、とにかくTCCは、華やかな場所、だったんですね。

 

 

でも今回、表彰式に出席してみて、

すごい、というより、とてもうれしく思ったのは、

それこそ大先輩の方々の姿を、何人もお見受けしたこと。

小野田さんや岩永さん、大島さん、それにADの中森さん・・・。

久しぶりに、お話させてもらいました。

みなさん、ちっとも変っていなくって。

 

ぼくもこれから先、たとえば10年後、

「岡田さんって、ちっとも変わらないね」

むしろ「岡田さん、相変わらず、やんちゃだなあ」

なんて言われるように、なっていたらいいな、と思いましたよ。

 

 

とにかく、もはやTCCには、しっかりした歴史と伝統ができました。

前回お話した、評価の基準なんかはもとより、

たしかな人脈と、世代間のつながりも、じゅうぶん見えます。

 

これからも、このTCCが、

コピーライターと、コピーライターを志望する人びとにとって、

特別な、マジカルな存在でありつづけますように・・・。

 

・・・ああ、手放しで称揚してしまうあたり、

  ぼくもやっぱり、根っからのコピーライターだわ・・・。

 

 

 

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。