Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

眞木準さんのコピーって・・・。

2016年11月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

すこし暴論かも、と思いつつ、なんだけど、

前回ふれたような、ルミネの広告の世界観が、

女性アタマで書かれたコピーの代表格、とするならば、

その裏返しこそが、今は亡きわが師匠・眞木準さんの、

いかにも「伊勢丹」らしいコピー群、

になるんじゃないか、と思ったりもします。

 

  着やすい。つまり、脱がせやすい。

 恋が着せ、愛が脱がせる。

 何人まで愛せるか。

 

代表的なのはこのあたりですが、やっぱりオトコ頭・オトコ発想。

男性の妄想の、ごく一般的な、初歩的なものですね。

ただし、オシャレ、なんだよなあ。

色気はあっても、エロくならない。

それが、眞木さんの眞木さんたる所以、なんですよね。

真似しようと試みても、できませんでした。

 

伊勢丹コピーのなかには、こんなものもあります。

 

  四十歳は二度目のハタチ。

  きょ年の服じゃ、恋もできない。

  恋を何年、休んでますか。

 

このへんはどちらかというと、オトコ頭より、

女性寄りの発想になっているかも知れない。

いやむしろ、オールターゲットに響く、といったほうがいいか。

 

 

「愛」「恋」という、ファッションと親和性の高いキーワードを駆使し、

生身の男と女が息づいているような、

印象的なコピーを数多く生み出した、眞木さん。

 

さすがは師匠、オシャレというお作法を用いて、

オトコとオンナを行ったり来たりできたんですね、きっと・・・。

 

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。