Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

元旦の新聞広告ウォッチング annex

2017/01/17

「元旦の新聞広告」について、もうちょっと話をしたくて。


もういちど、各社の広告を眺め返してみると、

世の中一般へ、というよりも、既存の新聞読者を相手にして、

既存のコンテンツ(=具体的な書籍)をネタに、

地固めというか、囲い込みを行っているように、感じるのです。

でなくては、15段を使って一冊の書籍広告なんて、あり得ないでしょう。


とすれば、これはもっとも保守的なスタンス、なんですね。

攻めではなく、完全に守り、ということになります。


そんなことは、すぐ広告の具体的な表現にあらわれてしまう。

積極的に世の中とかかわる、これからを予測する、

そんなメッセージがはいりこむ余地は、ないんですね。

前々回、おとなしい、面白くないといったのは、そういうわけだからでしょう。


こういった、大手出版社の姿勢、かなり心配しています。

この「出版文化の危機」を、はたして乗り越えることができるのか・・・。



そうなんですよ、このぼく、というのは、

根っからの読書好きで、自宅も事務所も、本であふれかえっているし、

かつて、広告代理店のつぎに就職したかったのは、出版業界だったし、

博報堂の新人時代、ひととおりの大手出版社は担当させてもらえたし、

妻も、会社の出版営業の紹介による、出版社勤務だったし、

おまけに息子もその嫁も、出版社に勤めているし・・・。


そんな、「出版」との縁が切っても切れないからこそ、

ぼくにとっては、けっこう深刻なモンダイ、なのです。


なんとかならんかなあ。なんとかしたいけどなあ・・・。

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。