Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

「ニッセイ」のこと 1

2017/01/20

つい先日、縁あって、

「ニッセイ新春謝恩セミナー」という催しに、行ってきました。

ハコは大阪帝国ホテル孔雀の間(400人規模)。

著名講師による講演(岸博幸さんでした)に、豪華なディナー。

さすがは、ニッセイさんです。

ぼくがすこし前に、ライフプランナー研修や、個人のブランディングなどやってた、

某保険会社とは、ワケがちがいますね。


ニッセイというところは、なんといっても「セールスレディ」がウリ。

ネット系の生保がどんなに売り上げを伸ばそうと、

そのアイデンティティは、変わることがない、ように見えていますね。

CMにしても、ことあるごとに「セールスレディ体制」に戻ってくる。

「日生のおばちゃん」以来、綿々とつづく伝統になっています。


さらにニッセイは、その規模や歴史からしても、「全国津々浦々」の印象がつよい。

ニッセイのかた(大阪エリアの幹部)も、

「ライバルは、かんぽ生命なんですよ」と、おっしゃっていた。

まあ、すぐにイノッチのあのCMが思い浮かぶわけだけれど、

まさに、人と人とのつながりを重んじる、サービス第一主義、でもあるのですね。


そういう姿勢、ずっと持っていてほしいな、と思います。

どの金融機関も、たいへんな逆風にさらされているからこそ、

大元を大切にしてほしいな、と、

かつて担当したことのある身としては(忌野清志郎さん出演のCMをつくりました)、

真摯に、思うわけです。


                        (つづく)

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。