Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

新しい年の、はじまりです!

2016/01/03
読者のみなさま、明けましておめでとうございます。

昨年12月にリニュアルされた、このwebマガジン、
かなりバタバタしながらも、なんとか新年を迎えることができました。
桐谷社長をはじめ、エンジニアやインターンの人たちには、多謝しきりです。

さて、年頭にあたり、
このマガジンをしっかりと軌道にのせるためにも、
ぼくのスタンスをもういちど確認しておこうと思います。

ぼくの特集コラムは、解説や感想をこえて、
いろんなCMの見方のサンプル提示、になっていなくてはいけない。
そしてもっと進んで、
「批評」といえるものに向かわなければいけない。
そして、このRoom708と両輪をなしながら、
尊敬する大先輩、故・天野祐吉さんに少しでも近づかなければ。
…という、かなりタイソーな志をかかげてみました。

いやあ、思いきりハードル上げちゃったかな。
でも、このくらいブチ上げとかないと、すぐ怠けちゃうからね。
ここに明言することで、つねに自分にプレッシャーをかけておかなくちゃ。

それからね、もうひとつ隠れコンセプトとして、
「美しい日本語を守る」ということがあるのですよ。

いま、とくにネット上は、「醜い日本語」であふれかえってる。
まあ、このことに関しては、10回連続くらい書けそうなんで、
別の機会にゆずるとして。
そこをすこしでも何とかしたい、と思いつつ、
小文を書きまくっているのです。
「日本語の番人」。それがぼくの使命だと、本気で思ってますから。

たとえば表記(漢字か、カタカナか、ひらがなか)とか、
一行の長さとか、助詞の使い方とか、
そういうことにも細心の注意を払ってるつもり、なんですが、
気がついてくれたかな?

ああ、やっぱりハードル高いわ。書いてて自分でもそう思う。
さあ、3日にいっぺん更新もふくめ、できるか岡田?がんばれ岡田!

ということで、今後どもよろしくおつき合いのほどを。
岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。