Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

【追悼】ムッシュかまやつ氏が、亡くなりました。

2017/03/09

かまやつひろしさん、亡くなってしまいましたね。


彼はまぎれもなく、わが国の音楽界の、レジェンドでした。

若い世代は知らないかもしれないけど、

とにかく、すごい人なんですよ。


いきなり50年ほど昔に遡りますが(若い人にとっては、すごい遡りかただけど)、

時の「GSブーム」のなかにあって、

彼のバンド、ザ・スパイダースというのは、特異な存在でした。

もちろん、ムッシュをはじめ堺正章・井上順・田辺昭知といった、

錚々たる面々を輩出したこともそうなんだけど、

特筆すべきは、彼らは「オリジナル曲」を演っていた、ということなんです。

他のほとんどのグループは、タイガース(ジュリーこと沢田研二・岸部一徳etc)にしろ,

テンプターズ(ショーケンこと萩原健一etc)にしろ、

プロの作詞家・作曲家が楽曲を提供していた。

でもスパイダースは、初期のものこそ浜口庫之助さんが書いていましたけど、

あとはほぼ、ムッシュの作品なんです。

「バンバンバン」「フリ・フリ」「なんとなくなんとなく」「あの時君は若かった」・・・。

たぶん今の人でも、いちどは聴いたことがある、名曲ぞろいです。


また解散後も、「どうにかなるさ」「我が良き友よ」などのヒットを連発。

「どうにかなるさ」からは、「テネシーワルツ」が聴こえてきます。ぼくには。

また「我が良き友よ」は、吉田拓郎ワールドですね、完全に。

いかにムッシュが、ジャズ・カントリーなどの素養にあふれていたか、

そして高い音楽性を持ちあわせていたか、ってことですね。


それで、5月20日のライブで、

「かまやつトリビュート」をやろう、という話が持ち上がっています。

どういう形になるかはわからないけれど、

必ず、やります。楽しみにしていてください。


   ps.それにしても最近、えっ?という方々が亡くなっています。

     芸能界では、おヒョイさんがそうだし、

     広告業界でも、黒須治さん、そしてなんと、長友啓典さんも。


     衷心より、ご冥福をお祈りします。

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。