Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

「日本舞踊」のこと 2

2018/03/29

さて、そこで。


この日本舞踊というものを、若い人に見てもらう、

あるいは積極的に入門者をふやす、というのは、

かなりハードルが高いことのように思うんですね。

多くの若者が、日本的な所作を身につけることなく育っているだろうし、

日本舞踊じたいも、盆踊りくらいしか縁がないだろうし。

まして、洋舞=いわゆるダンスであれば、いまは学校教育にも取り入れられ、

部活同然の扱いを受けているわけで、これと並ぼうなんてのは、もうムリ。


もし若い人との接点をつくるなら、「日本の身体感覚」をはっきり標榜しながら、

それこそ茶道や礼法もいっしょにして、

総合的に学校教育でカリキュラムを組むしかない、と思うのです。

ことさら「武道」にこだわるより、

もっといえば、ヘンな道徳教育より、そっちのほうがずっといい、って感じ、しません?



さらに言えば、このイベントじたいも、もっと工夫の余地はあるか、と。


やっぱり、身内の発表会どまり、という印象はぬぐえません。

なにかトータルなテーマを設けるとか、

MCを入れ、せめて出演者を紹介するとか、しゃべりでもうすこし盛り上げるとか、

「お楽しみコーナー」ではないけれど、トークショーをやるとか、

あるいは子どもたちを舞台に上げて、踊りを体験させるとか、

とにかくもうすこし「演出」を考えたほうがよさそうですね。


なにか目玉の企画があれば、報道関係者も来てくれる。

そうすれば、すこしは日本舞踊も「社会化」する。

そういう工夫がいま求められてる、と思うけどね。


それから、音楽。

ひとつには、やっぱり生演奏がほしい。

だって、日本舞踊は「踊り」だけじゃない。音もライブでなきゃ。

唯一、舞台の袖で柝(き)を打っていたけれど、

それだけでもじゅうぶん迫力があったからね。


さらに音楽でいえば、和楽器をつかった創作・新曲がもっともっとほしい。

古典の常磐津や清元だけでは、ちょっと引っ張れないんじゃないかなあ。


・・・ということで、

いまのやりかたを続けていくと、だんだんシュリンクしてしまう・・・。

ほんとに、そう思いますよ。なんとかしないとね。

小劇場といえど国立劇場を借りているだけに、もったいないし・・・。

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。