Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

「タバコCM」の、話をします。 1

2016年02月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなふうに、昔の引き出し開けて、いろんなこと書いていくとね、

完全に時間軸を行ったり来たり。タイムスクープハンターになった気分、ですね。


そこで今回は、ワープ先を1990年代後半に合わせてみます。

JT、なかでも「キャスター」CM制作の話をしましょうか。

なにしろ当時は、業界自主規制によるタバコCM打ち切り('98)の直前。

ありったけをつぎ込んで、大々的にCM打ってやろう、といった機運が、

クライアントにも、みなぎっておりました。


あのころのJTは、セブンスター・ファミリーが中心。その次にくるのが、キャスター。

ハイライト、ピース、ホープといった銘柄は、タール値が高いこともあり、

趣味的なポジションにあり、徐々にシュリンクしていった感があります。


そんな中、キャスターの扱いをめぐって、大プレゼンが行われました。

ぼくが「まあるい一服」なる一行をしたため、それが決め手となって競合に勝ち、

アカウントを獲得することができた(と聞いています。ホントのようです)。


で、CM企画は、こんな感じ。

オーストラリアの大陸横断鉄道に乗り込んだ日本人青年、を主人公に立て、

その旅すがら、「まあるい一服」を味わう、というもの。

砂漠のまん中で、羊の大群をやり過ごすために長めの停車、そこで一服。

先頭車両の展望席で、地平線のかなたに沈みゆく夕陽を眺めながら、一服・・・。

グラフィックは、オレンジ基調のなかに列車と夕陽を配する構成で、いきました。


このCMづくりのために、主人公の旅の目的を明らかにし、行程をきっちり決める。

そんな作業が、クライアントから求められていました。実際のロケを前にしてね。

そこで、ざっとこんな話を作り上げ、写真資料もはいった分厚い企画書を提出。曰く、


「主人公はセミプロのカメラマン。時間を作っては世界各地をまわり、写真を撮っている。

今回は、19世紀イギリスの探検家、エドワード・ジョン・エアの足跡をたどる旅。

オーストラリア東海岸から鉄道で大陸を横断、西海岸に至る撮影旅行を企てた・・・」


このエアという人物、いまも「エアーズロック」にその名を残しています。

(もっともこの名所、アボリジニの古称に戻そう、という動きがありますが)



そう、繰り返しにはなるけれど、時はCM打ち切り直前。

バブリーな金の使いかたといったら、ハンパなかったなあ。

列車を丸ごと借り切ったり、羊を何百頭も手配したり・・・ですもんね。

なにしろ、シナハン・ロケハンだけで、ン千万もかかった、というのだから・・・。


                       (つづく)




岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。