Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

ロケって、やっぱりよかったなあ 2

2016年06月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

では、ぼくが感じ入った、ハマった、あるいは忘れられない、

ロケ先のあれやこれやを、ちょっと並べてみよう。

記憶の引出し、開け閉めしながら、ね。

 

・キリン「一番搾り」のロケで、鹿児島は開聞岳山麓の、ハーブ園へ。

 その往路、鹿児島空港から高速に乗るわけですが、

 山間部の景色は、とにかく「杉並木」!

 何をかくそう、これにはすごい違和感を覚えました。

 植生として鹿児島は、照葉樹林帯のはずなのに・・・。

 もちろん、植樹による人工林ですが、なんか自然に反してるなあ・・・。

 

・おなじ、鹿児島。

 食事処のショーケースにあった、「薩摩焼」のビールグラスに一目惚れ。

 翌日わざわざロケバスに寄ってもらって、買い求めましたっけ。

 いまでも、自宅でだいじに使ってます。

 

・「大分県観光課」のCIを、当時の平松知事に提案したことがあります。

 そのとき、県の職員の方々に連れていってもらった料亭で、

 なんと「夏河豚」を体験することができた。

 肝をタレに溶いて、いわゆる「てっちり」を食べる、というものです。

 河豚に関することは、都道府県条例の範疇、らしいです。

 大分県は、夏でもOK、ということでした(今はわかりませんが)。

 

・「近鉄」の仕事で、伊勢・志摩にもよく行きましたっけ。

 いちばんの思い出は、鳥羽港から船にゆられて、

伊勢湾口の離れ小島「神島」に渡ったこと。

 港の背後がすぐ山で、階段状に民家が密集している。とびきりいい風情なんです。

 それから、山道を30分ほど歩いたところにある「監敵廠」。

 これは第二次大戦末期、本土決戦に備えてつくられたもので、

伊勢湾に侵入しようとする米艦隊の「見張り小屋」。それが、ちゃんと残ってる。

 そしてそこはなんと、三島由紀夫「潮騒」の舞台、なんですね。

 じつは、ロケ現場を抜け出して、見に行きました。ごめんなさい。

 

・「エンジン01文化戦略会議」で訪れた、新潟県は長岡市。

 ここの花火大会は、全国的に有名ですが、

 その由来を聞き、実際に花火を見て、おもわず涙がこぼれました・・・。

 長岡の町は、戊辰戦争で徹底的に破壊しつくされ、

 第二次大戦中の空襲でも焼かれ・・・という歴史を背負っています。

 (ちなみに新潟市は、原爆投下の候補地だったため、空襲は免れました)

 その、空襲で亡くなった人びとへの鎮魂のために、

毎年81日の夜(まさに、空襲のあったその日)、打ち上げるのだとか。

そして、一発一発に個人の「スポンサー」がつく。

「空襲で死んだじいちゃんのために・・・」こういうアナウンスが入るんです。

すごいことですね。「納涼」なんてどころじゃない。

そういうことを知って、あの花火を間近に仰ぐと、いやあ、泣けました。

 

 

おお、だんだん力が入ってきてしまった。

どうも悪いクセで、書いてるうちにアドレナリンが出てくるみたい・・・。

 

でも、めったに行けないところ、味わえないことに出逢えるって、

なんとラッキー!と思うんですよ。

で、せっかく訪れたなら、自分からどんどん向かっていかなきゃ。

ロケって、そういう意味で、ぼくにとっては最高っす!

 

 

 

 

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。