Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

女子大バナシ! 1

2016年07月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ、通常の連載にもどらなきゃ。

でもねえ、持ちネタをけっこう披露してしまいましたなあ。

そんなこともあるんで、もどる途中に、ちょっと寄り道を。


そこで、ここのところの大事な仕事のひとつ、「女子大の講師」の話へと、舵を切ろうか。


通っているのは、甲南女子大学。

ここの文学部で、「コピーライティング」という講義を担当しています。

古くからの友人でもある教授に頼まれて、オモシロそうだ、とはじめたのが3年前のこと。

週1回、半期だけの講座なんですが、けっこうチカラ入れて、やってます。


メールで送られてくる課題を人数分チェックし、赤を入れ、講評を書きこむ。

それらをまとめたレジュメをつくる。講義用の資料を調べ、そろえる。

1人ひとりの「カルテ」をつくって、今後へのアドバイスなどを行う・・・。

こうやって、あらためて並べてみると、なかなかの仕事量、なんですね。

でも、楽しいほうが、ずっと勝ってるなあ。

「ぼくの経験や知見を、若いひとに伝えなきゃ」みたいな使命感が、ある。

じぶんの仕事・活動範囲を広げたい、といった気持ちもつよい。

まあ、いろんなモチベーションがあって、それがぼくを突き動かしてる、って感じですね。


受講生は、多くが2回生。ということは、40も年下ってことになる。

世代でいえば、2.5世代ちがい、だからね。ウチの娘より、10歳も若い。

そうなんです。そういう事実は、厳として存在するのです。

これをどう考えるか?


ぼくは、逆に「世代間ギャップ」なんて、まったく考えないようにしています。

そう、ギャップなんて、ないんです。

おなじ場所にいて、おなじ空気を吸ってる限り、ね。

ギャップがある、と思った瞬間、どんな話材を選べばいいのか、わからなくなってしまう。

コミュニケーションが遮断されてしまいますよ、世代を意識すればするほど。


それに、ぼくみたいな人間が、ぼくの同世代を代表してるなんて、まったく思わないし、

(気持ちは20代、体力は30代だと、勝手に思いこんでるけどね)

人数も少なく、学生と講師の距離がちかい授業なんで、

目線高くはゼッタイしたくないし、反対に、媚びるのもイヤだし・・・。


まあ、ぼくのやり方で、かなりフレンドリーなフンイキでやってます。

学生にも、そんなに嫌われたりはしていない、と思うけどなあ・・・。


そんな調子なんで、壇上で皆に向かって話すより、

学生たちと駄バナシするほうが、じつは楽しかったりするなあ。

なるべくそういう機会をつくろう、と心がけてたりするんだけどね。

彼女たちには、迷惑かも知れないけれど。


                    (つづく)





岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。