Room708
名づけて「直也の部屋」。 編集長が、プロフェッショナルな立場から、広告を語り尽くします。

ポケモンgoの、お話

2016年07月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケモンGO、それはそれは、タイヘンなことになってますね。

そこらじゅうで、みんなやってる。

ウチの林きょうこも、すっかりハマっております。

まあ、基本的には「歩きスマホ」を推奨するようなもんなんで、

重大な事故がおこらないことを、祈るばかりだけど。

 

そこで思うのですが、この「社会現象」をひき起こすために、

「広告」が必要だったか? 必要なんて、なかったですよね?

ポケモンGOのみならず、

たとえばAppleWindowsの新製品や新バージョンにも、

「広告」なんてまったく要らないわけで。

情報がほしいひとは、自分から取りにいくからね。

かつ、マスメディアに替わってSNSなんかが主たる情報源にもなるし。

というわけで、TVに代表される旧来のメディアは、

まったくの後追い、あるいは分析などに回らざるを得ない・・・。

 

つまり、大きな「イベント」の告知などに関しては、

「広告」なんて、まったく役に立たない・・・。

そんなことが、如実に証明されたような気がしてなりません。

 

考えてみれば、選挙だって、そうですよね。

たとえば、TVでやってる「政見放送」。

あれ、制限時間が決まってるので、個人CMとみなすことができるけど、

おそらく、誰も見てないんじゃないか。

新聞なんかにも、政党の広告は載ったりするけれど、

そういう、マスからの情報では、いまや誰も投票しないんだと思う。

 

そうなんです。いまの世の中、広告って、ホントに無力なんです。

まあ、コンビニ商品や、日常的なサービスなど、「ちっちゃな」世界では、

CMで売れた、売れなかった、なんてことは当然、ある。

それは決して、なくなりはしないでしょう。

でも、大きなところは、もう他に取られてしまった・・・。

 

そんなこと思うのは、ぼくだけかなあ・・・。

業界に身を置いているもんで、

どうしても悲観論が先に立ってしまうんだけどねえ。

 

 

 

 

岡田直也
1955年東京生まれ、札幌育ち。
現在の本拠は大阪・南堀江。
東京・大阪・札幌各コピーライター
ズクラブ会員、エンジン01文化戦略
会議会員、甲南女子大学講師。
各地に私塾を開催、若手の育成にも
力を注ぐ。また年に一度のライブに
命を燃やすミュージシャンでもある。